みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよ(@tomoyo.shimazaki)です。

今日は、ごぼうを使った一品をご紹介します。甘辛のたれが食欲をそそ理、作りたては箸が止まらないおいしさです。しっかりとした味付けですので、お弁当のおかずにもぴったり。作ってから2-3日は日持ちしますので、作り置きメニューにもおすすめです。

ぜひ作ってみてください。

Ingredients

  • ごぼう:1本
  • 片栗粉:大さじ3
  • 揚げ油(米油など):適量
  • いりごま:適量
  • [ 調味料 ]
  • 醤油:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • きび砂糖:小さじ2
  • 清酒:大さじ1(なければ、水に置き換える)

Directions

    • ごぼうは皮をこそげ落とす(やり方は下のポイントを参照)
    • ごぼうを2-3mm程度の斜め薄切りにする。大きければ、さらに縦に半分に切る。
    • ごぼうを5分程度水にさらす(水にさらしすぎると味や香りが飛ぶので、時間には注意)
    • キッチンペーパーで水を拭き取ったら、片栗粉をまぶす。
    • 鍋に揚げ油を注ぎ(2cm程度)180℃に熱したら、薄く色づくまで5分ほど揚げる。油をしっかり切っておく。
    • フライパンにタレの材料を入れて中火にかける。ふつふつしてきたらごぼうを加え、炒めながら調味料をからめる。
    • 火を止め、いりごまを加えて軽く混ぜ合わせる。

ごぼうの皮むきについて

ごぼうの香りや味は皮の近くにあります。皮を剥くというより、こそげ落とすイメージで処理しましょう。

①包丁を使う:ごぼうを回しながら、包丁の背でごぼうの表面をこそげ落とす。
②タワシを使う:ごぼうの表面をタワシで擦るようにして、皮をこそげ落とす。
③アルミホイルを使う:アルミホイルをクシャクシャにまるめ、ごぼうを擦りながら皮をこそげ落とす。

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。