みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよです。

今日ご紹介する、肉じゃがは、何とみりんも料理酒も使わずに醤油と砂糖だけで作るレシピです。

もともと我が家の肉じゃがは、醤油とみりんで味付けし、大多数の方が入れるであろう酒や砂糖はどちらも使っていませんでした。ですが、今住んでいるベルリンに移住して以来、ちゃんとした製法で作られているみりんとの出会いはほとんどなく、あったとしてもとても高価なので、あまり多用はできないのです。(もちろん、良きみりんが手に入る方は、みりんで作っていただいて構いません!)

Staubやル・クルーゼ、無水鍋で作ると、水は一滴も入れずに作ることができるので、具材からでる旨味を存分に楽しんでいただけると思います。

ちなみに私は肉じゃがに「豚肉」を使います。豚を使う人は少数派でしょうか?宗教的な側面から豚がNGの方もいらっしゃるでしょうし、肉じゃがは牛に限る!という方もおられるはず。そういう方は、どうぞ豚から牛へと置き換えてくださいませ。

みなさんも、ぜひ作ってくださるととっても嬉しいです。

Ingredients

  • 豚コマ切れや豚バラ:250g(牛肉でも可)
  • じゃがいも(1/4サイズ程度にカット):中4個
  • 玉ねぎ(くしぎり):中2個
  • 人参(乱切り):中1本
  • しらたき:1袋
  • 醤油:大さじ3
  • きび砂糖:大さじ1と1/2から2程度(みりんの場合は、大さじ2から3程度)

Directions

    • 鍋に分量外の油をしき、豚肉と玉ねぎを軽く炒める。(しっかり火を通す必要なし)
    • じゃがいも、人参、しらたきを加え、さっと炒め合わせる(油が回る程度で良い)
    • 醤油と砂糖を入れ、全体を混ぜたら蓋をして弱〜中火で約10分煮る。木べらで全体を混ぜる→蓋をして煮る。を何度か繰り返し人参に火が通るまで火を入れたら出来上がり(できれば、その後1時間くらい置いておいてからいただくと味がしみてベスト!)

しらたきの処理方法

ザルにあげて、袋の水分を捨てます。軽く水洗いしたら、小さじ1/2程度の塩を振ってよく揉み、10分おきます。よく水洗いし、適当な大きさに切って料理に使います。

そうすると、しらたきの中の余分な水分が出て、そこに煮汁が入り込み味が染みてくれるのでおすすめです。

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。