みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよです。

今日は、タコとじゃがいもをガーリックと一緒にカリッと炒めるメニューをご紹介します。おかずとしても、お酒のつまみとしても箸が進む一品です!

ポイントは、じゃがいもの調理の仕方。じゃがいもを下茹でしてからオリーブオイルでカリッと揚げ焼きすること。これでじゃがいもの甘みがグッと出て、一段とおいしさが増すのです。(もっと詳細にいうと、じゃがいもの茹で方にもポイントあり。途中で火を止めて予熱でゆっくり火入れすると、甘みが増しておいしさ倍増!うまみが逃げないように皮付きで茹でてくださいね。)

Ingredients

  • [ 作りやすい分量 ]
  • 茹でダコ:100g
  • じゃがいも(小):5-6個 (小さい方が扱いやすくベターです)
  • エクストラバージンオリーブオイル:適量
  • ニンニクスライス:2かけ
  • 片栗粉(タコ用):大さじ2
  • 天然塩・黒胡椒:適量
  • パセリのみじん切り:適量

Directions

  • [ 準備 ]
    • 茹でダコを一口サイズに切り、キッチンペーパーで水分をよく拭いておく。
    • じゃがいもをよく洗い、汚れや芽を取り除く。水から皮ごと茹で、沸騰してから10分程度中火にかける。その後、火を消して10分おいておく。(大きめのじゃがいもの場合は、15分茹で、15分予熱で蒸らし、のように時間を伸ばしてください)
    • 火傷に注意してじゃがいもを半分、もしくは1/4サイズに切る。包丁の腹(サイドの面の部分)でじゃがいもを軽く押し潰す。強く力を入れすぎるとバラバラになるので、形が残る程度に潰すのが良い。
  • [ 作り方 ]
    • フライパンに大さじ2程度のエクストラバージンオリーブオイルを温め、軽く潰しておいたじゃがいもを、両面がカリッとするまで強めの中火で炒める。揚げ焼きのようなイメージで。
    • しっかり焼き目がついたら、一度フライパンから取り出し油を切っておく。
    • フライパンに追加のオリーブオイルを温め、ニンニクのスライスを加える。
    • タコに片栗粉をまぶし、しっかり余計な粉を落としてから揚げ焼きにする。(タコ同士がくっつきやすいので、大きめのフライパンで作ると良い)
    • タコにも焼き色がついてカリッとしたら、余計な油をキッチンペーパーで拭き取り、よけておいたじゃがいもを再び戻す。
    • パセリのみじん切りを加えて、塩胡椒で味を整える。

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。