みなさん、こんにちは。ベルリン在住のナチュラルフードスタイリスト、島崎ともよです。

今日は、メンバーさん限定『練り込みタイプのパイ生地で作るアップルパイ』のレッスンです。

パイ生地には大きく分けて2種類あり、「折りパイ(折り込みパイ生地)」「練りパイ(練り込みパイ生地)」と呼ばれます。

おそらく大半の人がイメージする何層にも折り重なったサクサク生地のパイは、バターを何層にも折り込みながら薄い生地の層を作ることで、さっくりと軽く、ほろほろと崩れるような食感をお楽しみいただけます。こちらを「折りパイ」と呼びます。

こちらは、何度も生地を冷やしながら折り込んでいくので、時間がかかったり、バターが溶け出してしまうなど難易度が高い製法と言われています。

一方で「練り込みパイ」は、粉とバターをすり混ぜ、水分を加えたら練らずに重ね合わせるように層を作る製法です。折りパイとはまた違ったクラッカーのようなサクサク感を楽しんでいただけます。

練りパイは何度も折り込まないのでグルテンの形成を最小限に抑えます。そして何度も折り込んでいく必要が無いので、折りパイよりも気楽に時短で作れる利点もあります。

例えばミルフィーユであれば、折りパイで作ることで1000枚の葉っぱが折り重なるような食感を表現できるので、練りパイで作るのは向いていません。アップルパイの場合は、どちらの生地でもそれぞれの良さが出て楽しんでいただけるので、今回は練りパイで作るアップルパイを作ってみたいと思います。

少し難易度が高いレッスンですが、ぜひ挑戦してみてください!

この続きを見るには

月額メンバーシップのご案内

gozenは、心身ともに健康で、楽しく、幸せに生活していくために必要な「レシピやコラム、食に関連する様々なコンテンツ」を提供するオンライン料理教室です。島崎ともよの「ナチュラルフードレッスン」を軸に、コラムやライブ配信、外部講師による各種料理のクラスの開催など、様々な観点から「食」について考え楽しむきっかけをお渡しします。

詳しくはこちら

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。