今月も、妄想あさこ食堂へようこそ。gozenのメンバー兼スタッフ(コンテンツクリエイター)のAsakoです。

「妄想あさこ食堂」とは
gozenのコミュニティメンバーさまが主人公となった読み物です。その方の暮らし方や考え方を覗き見ることで、新しい視点を見つけたり、勇気や力、ヒントが得られるかも!コラムの最後には「もしこの主人公が、架空のあさこ食堂に来てくれたら」を妄想しながら、メニューを考えておもてなし。時にはレシピもシェアします。

今回の主人公は、俳優業やシンガーソングライターとして活躍されている美優さん。

幼いころから歌うことや表現することが好きだったこと。好奇心旺盛ゆえにさまざまな職業への憧れが強くて、役柄次第で何者にでもなれる俳優業に興味を持って芸能の世界へ。現在は俳優業だけでなくナレーション、司会業をはじめ「MIU」としてシンガーソングライターの活動もと、活躍の場はとても広い。

華やかだからこそ厳しい世界、というイメージが強い芸能関係の仕事。幼少期からの夢を叶え、十数年ずっと継続していることに尊敬の念が止まらない。思わず、大変だったのでは?という素朴な疑問が口に出る。すると美優さんはさらりと、厳しい世界であることは確かだけど、本当に自分の好きなことを出来ているのは幸せなこと、と真っ直ぐな視線で答えてくれた。

俳優業としても歌手としても、毎回求められるものが変わるから大変、でもそれらを乗り越えて以前よりバージョンアップされた作品が完成すると達成感を感じるし、たまらなく面白い。自分の「好き」を胸に、その道を真っすぐ突き進んできたからこそ言えること。自身の努力で成長し続けてきたからこそ出る言葉だと、聞いていて胸が熱くなる。くぅ…カッコいい

2011年、東日本大震災後に急に卵をはじめとした食品アレルギーを発症した美優さん。学生時代まで過ごした東北の街の変化や、そこに暮らす友人知人への気がかり。さまざまなストレスで発せられた体からのサインは、それまでの食に対する意識を180度転換するきっかけとなったのだという。

突然発症したアレルギー反応の肌荒れは何をしても治らず、アレルギー検査の反応値が高かった卵を除去することで治癒。しばらくアレルゲンを除去する生活を送っていたところに平飼い卵の存在を知り、試してみると体は問題なく受け容れてくれたのだそう。アレルゲンは卵そのものではなく、化学物質や飼育方法にストレスを感じた食べものなのだ、と気付く。

俳優・歌手という「発信者」として、その発言に説得力を高めるためにまずは自分自身を整えておきたい。食物アレルギー発症を機に、その想いが強くなったと話してくれた。自身の発言に責任を持つために、まずは自分の内面から整える。きっと美優さんは、いつ何時も基礎固めや本質の見極めをしながら真摯な姿勢で周囲と関わってきたんだろうな。自分の好きなことを続けるために重ねてきたであろう努力が、美優さんの言葉から零れてくる。

2年前、コロナ禍でステイホーム期間が長くなったことをきっかけに、東京都内から千葉県の自然環境に恵まれた土地に住まいを移す。新鮮な無農薬野菜を入手しやすくなったこと。それまで頼ってきた薬やサプリメントより、手前味噌や自家製梅干しといった日本古来の発酵食品で自身の体を整えること。よりナチュラルな方法で自分の体をデトックスし、整えていくことで、体だけでなく思考も着実に変わってきたのだそう。

「すべき」、「せねば」と思いながらやってきた仕事も、自身の感覚に任せて本当にやりたいと思ったタイミングでやりたいことをするように。体が求めているものに耳を澄ませて敏感になったことで、魂が求めていることにも素直に従えるようになった。すると、公私ともに自然の流れに乗って上手く回るようになってきたことを実感しているそう。食と体・思考の切っても切れない相関関係、美優さんの口から語られる経験談は何より強い説得力がある。

「地球人として人間力を高めたい」

今後やりたいことを美優さんに訊ねたら、迷わずそう答えてくれた。忙しい日々の中でふと自分を振り返ったり、リラックスできる時間を提供したい。そんな想いで発信を開始したYoutubeチャンネルのコンテンツは、現在アップされている梅干し作りから今後は歌までと幅広くなる予定。枠にはまらないバリエーション豊かなコンテンツ、多才で好奇心旺盛な美優さんのエネルギーが溢れてくるよう。

茶道にダンス、日本語教育…と、今後やりたいことは1日24時間じゃ足りない!と思うほどあるという美優さん。自分の「好き」な気持ちは何かをスタートさせるエンジンとして莫大なパワーを発揮するし、自身の体が真に欲する「食べ物」はそのモチベーションを維持し、加速させるのに不可欠なんだね。

これまでずっと自分自身を輝かせ続け、さらに前進しようとしている美優さんから、夢を叶えていくために必要なエッセンスを見せてもらった気がする。

大人になって忘れてしまっていた自分の「好き」な気持ち、取り戻していきたいなあ…美優さんと話したあと、強く強くそう思った。

妄想あさこ食堂へようこそ

美優さんをお迎えした今月の妄想あさこ食堂は、肉団子のスープとおむすびのランチ。

「食」にいつも目と意識を向けて、丁寧な暮らしを心掛けてる美優さんの体と心にすんなり馴染むようなラインナップに。

大きな肉団子と一緒に煮込んだのは旬の冬瓜。ジューシーな肉団子と美味しいスープを吸った冬瓜だけでなく、お出汁の昆布までもトロンと煮込まれてるのを楽しんでほしい。

玄米と白米を1:1の割合で混ぜて炊いたモチモチごはんを塩むすびに。

添えたのはもちろん!自家製の梅干し。梅と赤紫蘇、塩と太陽の力が作る奇跡の美味しさについて語りながら、自然の恵みに感謝する時間を共有したいな。

そして、おむすび2つ目はぜひ残ったスープにダイブさせてほしい!梅の実もほぐせば、満腹でもするする入っちゃうさっぱりスープごはんに。

一緒に楽しんでもらう小さなおかずたちも、素材の味を大切にした顔ぶれに。食材の素の美味しさやエネルギーに敏感な美優さんならきっと、この滋味深さに目を輝かせてくれそう。

旬の食材を使った普段の食事がいかに尊くて、それを日々繰り返すことがいかに体を整えてくれるか。当たり前だけど大事なことを嚙みしめながら、聞けば聞くほど溢れてくる美優さんの好きなことを、もっと聞いてみたいな。

美優さんの
Instagram : https://www.instagram.com/miu.tachibana
YouTube : https://m.youtube.com/channel/UC6CEF3836SYpnn5mIhrtGPA/featured

中村 亜紗子ヨガインストラクター|ライター

京都市内で息子2人と娘、旦那さんの5人暮らし。会社員を辞めて始めたヨガにハマり、インストラクターに。ヨガを通して、日々の幸福度をいかに高められるかを模索中。当て所ない散歩、美味しいものや美しいもの探し、頭の中で妄想世界を築くのが好き。

Webサイト: https://note.com/bebest_asako