今回ご紹介するレシピは、『にんじんのコンフィ』

正直にんじんの最も美味しい食べ方ではないかと思うほどオススメです。甘さが際立ち、にんじん臭さは吹き飛び、ワインがどんどんすすみます…!

コンフィって名前だけで料理が苦手な方は拒否反応を起こされそうですが、実はオーブンを使えばほったらかしで出来るので楽チン調理法なんです。

出来上がるまでに約30分かかるのですが、仕事やおでかけ後に家に帰ってきたら、何よりも先に、にんじんを切ってオーブンに放り込んでおくんです。着替えたり洗濯物をとりこんだり、他のごはんの支度をしている間に気づけばできちゃいますから、とても助かります…!

Ingredients

  • にんじん:1本程度(耐熱容器に入るだけどうぞ)
  • オイル:適量(私はこめ油を愛用中)
  • 塩:ひとつまみ
  • ローズマリー:あれば3〜5cmほど(にんにくや他のハーブでもいいし無しでも全く問題なし)

Directions

  • [ 準備 ]
    • にんじんの皮をむいて、スティック状に切っておく。面取りするとコロンとした宝石みたいで美しく、おもてなし料理としても活躍する。
  • [ 作り方 ]
    • スキレット(またはグラタン皿や琺瑯などの耐熱容器)にスティック状に切ったにんじんを敷き詰める。ひたひたになるまで(にんじんが8割以上浸るまで)油を注ぎ、3〜5cmほどのローズマリーと塩ひとつまみを入れ、コンロの火でふつふつするまで熱する。
    • 余熱なし120℃のオーブンで、約30分焼く(にんじんの太さによって焼き時間が前後すると思います。竹串がスッと刺さる柔らかさまで焼いてください)

Point

一度使った油は、もう1、2度使うことができます。

または、食べ切れない分をそのまま油と共に瓶詰めして保存することもできます。にんじんを食べ終わった後の油は、炒め物用や揚げ物用に使いまわすこともできます。

レシピに使用したオイル:「まいにちの米油」
レシピに使用したスキレット:「LODGE (ロッジ) スキレット」

笠原 なつみ瀬戸内暮らしの料理家|ふんわり糀家

発酵調味料を使った旬のレシピをお届け中。白血病をキッカケに埼玉から香川へ移住。婦人画報が選ぶ夢の料理教室Best18。のべ生徒数1,700名。乳製品アレルギー。

Webサイト: https://note.com/natsumi_kasahara