夏場は食欲も落ちるし、作る側のモチベーションも下がりがち。でも暑い夏だからこそ、太陽のエネルギーをたっぷり含んだ美味しい夏野菜を摂って元気に過ごしたいですよね。

旬のトマトを使ったシンプルな炊き込みごはんは、暑い日でもさっぱり食べられる、我が家の夏の人気メニューです。

ストックのだし醤油さえあれば、出汁をとる手間もなく材料を切って炊くだけの手軽さもうれしいところ。

今回は千切り大葉とガーリックチップをトッピングしていますが、パルメザンチーズとブラックペッパーをかけてトマトリゾット風にいただくのもおすすめです。

また、余ったトマトごはんを玉ねぎや鶏肉と炒めてチキンライスにしても。卵で包んで夏休みの昼ごはんにすると、子どもたちは大喜びで食いついてくれます。

Ingredients

  • 米:2合
  • トマト:200g (大1個または小2個)
  • ニンニク:1/2片〜1片
  • オリーブオイル:小さじ1
  • だし醤油:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • 天然塩:小さじ3/4〜小さじ1
  • 水:270cc

Directions

    • 米はといで30分ほど浸水し、ザルにあげておく。
    • トマトは洗ってヘタを取り、皮ごとひと口大の乱切りにする。ニンニクは皮をむいてみじん切りにする。
    • だし醤油、みりん、水を合わせて300ccにし、天然塩を加える。(この段階で味を見て、美味しいと感じる塩加減に調整しておく)
    • 炊飯器または鍋に1〜3と、オリーブオイルを入れて白飯と同様に炊く。炊き上がったら、全体をさっくり混ぜて出来上がり。

このトマトごはんが出てくる読みもの:「妄想あさこ食堂」

中村 亜紗子ヨガインストラクター|ライター

京都市内で息子2人と娘、旦那さんの5人暮らし。会社員を辞めて始めたヨガにハマり、インストラクターに。ヨガを通して、日々の幸福度をいかに高められるかを模索中。当て所ない散歩、美味しいものや美しいもの探し、頭の中で妄想世界を築くのが好き。

Webサイト: https://note.com/bebest_asako