みなさん、こんにちは。ベルリン在住のナチュラルフードスタイリスト、島崎ともよです。

今日は、クリスマスにぴったり!の見た目にもかわいらしいクッキーのレシピをご紹介します。

ベースはシンプルなバタークッキー。そこにホワイトチョコにレモンオイルで風味を付けたものをコーティングし、ピスタチオやフリーズドライフルーツなどの食材でデコレーションしていただくものです。
ピンクペッパー、キノアパフや細かくしたコーンフレークなどもgood!クリスマスリースのような可愛らしいクッキーが完成します。

お子さんと一緒に作っていただくのもいいですね。ぜひ作ってみてください!

Ingredients

  • [ 材料(天板1枚分) ]
  • 無塩バター:125g
  • グラニュー糖:100g
  • バニラシュガー:1袋(約)なければ、バニラエッセンスなどで香り付け
  • 卵:1個
  • 薄力粉:250g
  • [ ホワイトレモンチョココーティング ]
  • ホワイトチョコレート:100g
  • レモンオイル:10滴
  • [ 飾り ]
  • ピスタチオダイス
  • ピンクペッパー
  • キノアパフ
  • コーンフレーク
  • フリーズドライフルーツなどお好みで用意

Directions

  • [ 準備 ]
    • バターは常温に置いておく
    • 卵や薄力粉は、使う直前まで冷蔵庫で冷やしておく。
  • [ 作業 ]
    • バターをボウルに入れ、ゴムベラで滑らかにする
    • グラニュー糖とバニラシュガーを加えて、白っぽくフワッとするまでよく混ぜる
    • 卵を少しずつ加えて、全体にムラがなくなるまで混ぜる
    • 薄力粉をふるい入れ、ゴムベラで切るようにしながら粉をまとめる(徐々にひとかたまりになる)おおかたまとまったら手で作業し、しっかり粉とバターが合わさるようにする。コネコネするのはNG
    • まとまった生地はラップやビニール袋に入れ冷蔵庫で30分-45分冷やす。
    • 冷蔵庫から出した生地をオーブンシートに乗せ、分量外の強力粉を振ってから麺棒で5mm程度の厚さに伸ばす。もう一枚オーブンシート用意し生地の上に被せてから伸ばすと、生地が麺棒につかず粉も必要ないのでおすすめ。同時に、オーブンを200度に予熱しておく。
    • のばした生地は、再度冷蔵庫に入れてしっかり冷やす(超重要!)理由は生地を落ち着かせるためと冷やすため。 型抜きクッキーの重要点は、冷えた生地で作業すること。生地がやわらかい状態で無理に作業すると、きれいに型抜きできないほか、食感や風味も悪くなる。作業中でも、生地がやわらかくなったら必ず冷蔵庫で休ませる。
    • しっかり生地が冷えたら型で抜き、オーブンシートを敷いた天板に並べる。同時にオーブンを200度に予熱。
    • 全部の型抜きが終わったら、200度に予熱したオーブンで7-10分ほど焼く。お使いのオーブンによって焼き時間が数分前後するので注意。
    • 焼き色が付いたらオーブンから出し、天板に乗せたまま冷ます
  • [ コーティングとデコレーション ]
    • 刻んだホワイトチョコを湯煎で溶かし、レモンオイルも加えてよく混ぜる
    • クッキーの上部にホワイトチョコを付けて、固まらないうちにお好きな食材で飾る

作っていただいた方は、Instagramで@tomoyo.shimazaki をメンションやタグ付けしていただけると、励みになりとても嬉しいです。

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理研究家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。