みなさん、こんにちは。ベルリン在住のフードスタイリスト、島崎ともよ(@tomoyo.shimazaki)です。

今日は、簡単に作れるおすすめのおやつ「焼きりんご」のレシピをご紹介します。秋から冬にかけて、我が家ではよく食べるごちそうです!

1日1個のりんごは医者いらず!といわれているだけあり、ビタミンやミネラルがバランス良く含まれており、腸に良い働きが期待できる食物繊維の一種「ペクチン」などの成分も豊富に含まれているので、我が家ではおやつがわりにまるごと1個かじることもよくあります(子どものあごや歯肉を強くする目的もあり!)

生でももちろんおいしいりんごですが、たまには特別感が欲しいので、そんなときには「焼きりんご」が登場します。普段のおうちでのおやつにはもちろん、おもてなしでも喜んでいただける一品です。さまざまな場面で活躍してくれるでしょう。

ぜひ、みなさんも作ってみてください!

Ingredients

  • [ 2人分 ]
  • りんご:2個(紅玉やジョナゴールド、ドイツならElstarやBoskoopがおすすめ)
  • バター:小さじ2
  • ハチミツ、黒糖、メープルシロップなど(お好みで):適量

Directions

    • りんごをよく洗う
    • りんごに5-7mm間隔で、深さ1mmほどの縦の切り込みを入れる(入れなくてもいいですが、その場合はフォークなどでところどころ穴を開けておくと破裂防止になります!)
    • ヘタの部分に包丁の先端やティースプーンを突き刺して、正方形に2cmくらいの深さの切り込みを入れる。ティースプーンで上部のみくり抜き捨てずに取っておく(奥深くまでくり抜かなくても大丈夫です)
    • バットや耐熱皿にのせたら、穴の部分に小さじ1程度のバターを詰め、お好みで蜂蜜やメープルシロップ、黒糖などを少しかける。
    • くり抜いたりんごの芯で蓋をし、200℃に温めたオーブンで30〜40分ほど焼く(30分くらいだと、りんごの食感が残るくらい。40分だと柔らかくてトロトロの食感を楽しめます。※りんごの種類やお使いのオーブンによっても変わります!)

焼きりんごを爆発させないコツ

今回は縦に切り込みを入れ、爆発防止しています。芯をくり抜くだけでは、変なところが爆発して、りんごのきれいな形が残らないこともあるためです。形の崩れた焼きりんごもいいのですが、見た目にもこだわる方は、切り込みを入れる方法をおすすめします。

写真にもあるように、りんごのヘタからお尻にかけて、5mmから1cmくらいの幅で、約1mmくらいの深さで切り込みを入れていきます(包丁で線を入れるようなイメージ)

芯の近くまで深めに包丁を入れると、焼き上がりが大きく開きます。それはそれで可愛らしいので、お好みで切り込みの深さは調整してみてください。

アレンジを楽しみたい方は、くり抜いたところに、レーズンやクリームチーズを詰めて焼いてもおいしく召し上がっていただけます。

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。