コンソメ不使用というと、体にいいのかな?とか、逆においしくなさそう、コンソメなしでうまく作れる気がしない!と感じる方は多いのではないでしょうか。今日ご紹介するレシピは、お好きな野菜なら、なんでも入れてOKのスープです。コンソメを使わなくとも、好きな野菜をいれて「塩で食材の味を引き出し、塩で味を整える」という、とてもシンプルなやり方で、素材の味を存分に楽しめるスープが出来上がります。

コンソメ不使用では最初はもの足りないと感じるかも

あえて、おいしい!とは書きません。これは本当のことなので、ちゃんと正直に書きます。まず、コンソメの味に慣れている人の多くは、おそらくコンソメ不使用のこのレシピではもの足りないと感じる方が多いと思います。これは、私が食生活を変えた当初「全然おいしくない!」と感じたのと全く同じですし、gozenのコミュニティメンバーさんの中でも、もの足りないと感じる方もいらっしゃいます。

徐々に徐々に味覚は変化していくので、焦らず何度も挑戦してもらえたらと思います。

このレシピで学べること!

素材のうまみをグッと引き出す調理方法を動画でご覧いただけます。テキストのレシピだけでは、伝えられないことを動画ではお話ししていますし、実際に感覚を掴んでいただきやすいと思います。

実際にコミュニティメンバーさんも、文字だけのレシピでは自己流になっていたけれど、動画を見ながら作ったらおいしく作れました!というコメントもいただいています。

この調理方法は、この野菜スープ以外にもたくさん応用できます。これ一つ知っておくことで、カレーでもシチューでも、具材を変えたスープでも、コンソメを使わなくても食材のうまみを引き出す料理が作れるようになります。お料理の基本の基本がぎゅっと詰まっていて、私がお伝えしているお料理の中でも、一番基盤になる重要なレシピです。

Ingredients

  • [ 具材は私がレッスン動画で使ったものであくまでも一例です。 ]
  • 玉ねぎ:中1個
  • ポロ葱(白い部分):1本
  • キャベツ:1/5個程度
  • にんじん:小1本
  • じゃがいも:大1個
  • しめじ:1/3パック
  • マッシュルーム:数個
  • ミニトマト:数個
  • にんにく:1かけ
  • エクストラバージンオリーブオイル:大さじ3程度
  • 水:適量
  • ローリエ:1枚
  • 天然塩:適量
  • 黒胡椒、パルメザンチーズ、パセリなどはお好みで

Directions

  • [ 準備 ]
    • 玉ねぎ、ポロ葱、キャベツ、にんじん、じゃがいも、しめじ、マッシュルームを1cm大に切る。ミニトマトは半分に切るか、丸々のままでも良い。にんにくは、みじん切りにする。
  • [ 作り方 ]
    • 鍋にオリーブオイル大さじ1を入れ、冷たいうちににんにくのみじん切りと、玉ねぎ、ポロ葱を入れて、油が全体にまわるように混ぜる。塩をひとつまみいれて再度混ぜたら、蓋をして中弱火で10分程度蒸らす(途中で蓋を開けて、水分がなくて焦げついていないか確認する。焦げ付きそうなら、少し水を足してもよい)
    • キャベツとにんじんを加え、再度オリーブオイル大さじ1と、ひとつまみかふたつまみの塩を加え(食材の量による)混ぜる。蓋をしてさらに10分蒸らす。
    • じゃがいも、しめじ、マッシュルーム、ミニトマトを加えて、オリーブオイル大さじ1と塩ひとつまみを加えたら、野菜がかぶる程度の水とローリエを加えて、蓋をして煮る(野菜の種類によって煮る時間はことなる。一番火が通るのに時間がかかるものが煮えればOK)
    • 塩で好みの味に整えて器に盛り、お好みで黒胡椒や、パルメザンチーズ、パセリなどをかける。

レッスン動画

この続きを見るには

月額メンバーシップのご案内

gozenは、心身ともに健康で、楽しく、幸せに生活していくために必要な「レシピやコラム、食に関連する様々なコンテンツ」を提供するオンライン料理教室です。島崎ともよの「ナチュラルフードレッスン」を軸に、コラムやライブ配信、外部講師による各種料理のクラスの開催など、様々な観点から「食」について考え楽しむきっかけをお渡しします。

詳しくはこちら

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。