みなさん、こんにちは。ベルリン在住のナチュラルフードスタイリスト、島崎ともよです。

今日は、やわらかな白玉団子のレシピをシェアしようと思うんですが、もうタイトルに全部書いているので、詳しい説明はいらないでしょう(笑)

そう!白玉粉、絹豆腐(絹が手に入らない人はごめんなさい!)があれば、やわらかな白玉だんごが作れちゃうのです。これについてはレシピをみていただければと思うので、今日は少し砂糖の話もしてみましょう。

お砂糖が入ったレシピを公開すると、よく「お砂糖は何を使っていますか?」「お砂糖を使いたくないので代わりに何を入れたらいいですか?」という質問をいただきますので、書いておきます。

お砂糖は何を使っていますか?

今回のみたらし団子のタレには「きび砂糖」を使っています。料理には基本的にきび砂糖を使い、コクを出したいときにはマスコバド糖(黒糖)を使うこともあります。洋菓子作りでは、サラサラのきび砂糖かグラニュー糖を使います。

タレに砂糖は使いたくないのだけど…

デーツシュガー、はちみつ、メープルシロップ、アガペシロップ、きび砂糖、全部やってみましたが、正直、きび砂糖以外おすすめはできないですね(笑)結局みたらし団子には普通のお砂糖があうんだなと感じました。

デーツシュガーも、はちみつも、メープルシロップもまぁまぁいいお値段しますよね。それでうまくいかないと、結構辛いものがあります。これは個人的な意見ですが、砂糖の代替品を使って、いまいちのものを食べるより、割り切って『砂糖様、ありがとうございますーー!!』でおいしくいただくのがいいんじゃないかと思っています。

Ingredients

  • [ だんご ]
  • 白玉粉:130g
  • 絹豆腐:130g
  • 水(必要な場合):大さじ1前後
  • [ タレ ]
  • 水:180ml
  • 醤油:大さじ2
  • きび砂糖:大さじ4
  • 片栗粉:大さじ2

Directions

  • [ 白玉を作る ]
    • 白玉粉と絹豆腐を耳たぶくらいの柔らかさまでよく混ぜる。うまくまとまらなかったら、水を大さじ1前後入れて再度混ぜ、ひと塊にする。
    • 棒状にして一口サイズにカット(写真のものは一個13gで計量)
    • 手のひらでコロコロまるめる
    • 沸騰したお湯に一個ずつ入れたら、底にくっつかないように軽く混ぜる
    • 中火で火にかけ、白玉が全部が浮くまで待つ。そこからさらに1分茹でる
    • 冷水にとり、粗熱を取る(何度かお水を入れ替えるか、氷水でさますと良い)
    • 竹串にさす
    • お好みで、テフロン加工のフライパンやトースター、魚焼きグリルなどで、焼き目をつけてもよい。 注意!鉄のフライパンで焦げ目をつける場合は、フライパンにオーブンシートを敷いてから、串にさしたお団子をおいてください。
  • [ タレを用意する ]
    • 小鍋に水、醤油、砂糖、片栗粉を全て入れ、片栗粉のかたまりができないようによくかき混ぜる
    • 弱火にかけ、もったりと透明なタレになるまで木べらでよく混ぜる
    • お好みの量を団子にかける

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。