最近、gozenのメンバーさんとプライベートでのやりとりがありました。

その中でお二人の方から出てきた言葉が印象的で、きっと同じようなことをメンバーのみなさんも感じているかもしれないと思ったので、ここでシェアすることにします。

※原文に一部編集を加えています。

ーーー

●Aさん

最近、もやもやしていることがあります。

食、育児、洗剤、生活などに対する価値観の合う人が周りに少なく、大半が全く価値観の合わない人との関わりの中で暮らしています。

以前は、周りに同じような考え方の人もいてお付き合いもあったので、それと比較するといろいろと考えてしまいます。人間関係はまた別なので、仲良くはさせてもらってるのですが、葛藤する日々です。

でも振り返れば昔の私もそうだったんですよ。柔軟剤ガンガン使ったり、白い砂糖を使ってたり。

何も知らない方が良かったのかも、なんて思うこともあります。

でも私は私で大事にしたいものを大事にしよう。

これからの未来のことや、自分のhappyのためにってやってることだから、私は私のままで良いんだって少しずつ思ってるところです。

●Bさん

なるべく、添加物がないものを選んだり、子どもに砂糖は与えないようにしたり、食に関しては気をつかって暮らしています。

ただ、親を含め、幼稚園も友達も周りにそういう考えの人がおらず、理解も得られず、ぶつかり合ったり、付き合いづらくて、孤立しています。

辛いです。

【解答】

はい。まず、gozenのコミュニティにいるだけで、同じような考えの人が近くにいるので、全然孤立ではありませーん(笑)

物理的距離はあるかもしれせんが、少なくとも私は、あなたと近しい考えにいると思います。

それを前提にお話します。

この続きを見るには

月額メンバーシップのご案内

gozenは、心身ともに健康で、楽しく、幸せに生活していくために必要な「レシピやコラム、食に関連する様々なコンテンツ」を提供するオンライン料理教室です。島崎ともよの「ナチュラルフードレッスン」を軸に、コラムやライブ配信、外部講師による各種料理のクラスの開催など、様々な観点から「食」について考え楽しむきっかけをお渡しします。

詳しくはこちら

島崎 ともよ料理家/gozen主宰

1985年生まれ。新潟県出身。料理家。2018年に家族でベルリンへ移住。 2022年1月よりオンライン料理教室『gozen』をスタート。