こんにちは。瀬戸内暮らしの料理家、笠原なつみです。

今日ご紹介するのは、作ってすぐ食べても、作り置いて冷やして食べても美味しいズッキーニのレシピをご紹介します。

温かいままですぐに食べると、ズッキーニの甘みがジュワッと広がって、ほろほろ口の中で溶けていく様がなんとも美味しい…!一晩冷蔵庫で冷やして食べると、マスタードの酸味がパンっと疲れを取り払うように主張して、後から甘しょっぱさが広がり、ごはんがすすむ美味しさなんです。

美味しいからすぐ食べ切ってしまう勢いだけど、冷たくしても食べたいからグッと我慢して残そう…という気持ちになれる一品ですよ。

醤油が入ってるので、もちろんごはんのお供、お弁当のおかずにもピッタリ。

Ingredients

  • [ 2人前 ]
  • ズッキーニ:350g(2色合わせるとキレイ)
  • オリーブオイル:大さじ2
  • 塩:ふたつまみ
  • 醤油:小さじ2
  • 粒マスタード:小さじ1
  • はちみつ:小さじ1

Directions

    • 3cmのひとくちサイズに切ったズッキーニ350g程度を魚焼きグリルに並べます。
    • オリーブオイル 大さじ2と塩ふたつまみを全体に振りかけます。 グリルのスイッチを入れて、4〜5分焼きましょう。
    • 焼けるのを待つ間に、ハニマス(ハニーマスタード)を作ります。醤油小さじ2粒マスタード小さじ1はちみつ小さじ1を保存容器に入れてよく混ぜておきます。 はちみつが固まっていると混ざりにくいかもしれませんが、あとでズッキーニの余熱で柔らかくなるので安心してください。
    • 見た目はまだちょっと固いかな?と思うくらいで大丈夫。竹串で刺して、少し力を入れて刺さるくらいが目安。全く抵抗なく竹串が刺さるなら、ちょっと焼きすぎです。

Point

ズッキーニの大きさにもよりますが、あまり焼きすぎると、余熱で火が入りすぎて粗熱が取れたあと、形が崩れて見た目が残念になってしまうので注意…!

「焼きすぎない」
これだけが、今回のレシピの大事なポイントです。あとは、混ぜ合わせたハニマスと絡めるだけ。絡める時に、形が崩れないように気をつけて。

笠原 なつみ瀬戸内暮らしの料理家|ふんわり糀家

発酵調味料を使った旬のレシピをお届け中。白血病をキッカケに埼玉から香川へ移住。婦人画報が選ぶ夢の料理教室Best18。のべ生徒数1,700名。乳製品アレルギー。

Webサイト: https://note.com/natsumi_kasahara